Nature school

森のたね

 

静岡県富士宮市大鹿窪1158-14

morinotane★gmail.com

(お手数ですが★を@に変えて

送信してください)

「森のたね」のビジョン

森のたねの目指す姿は、「自然の中で暮らすこと」。

 ひとつは、インタープリター、
 ひとつは、アウトドアガイド、
 ひとつは、自己流の自然農、
 ひとつは、シカを中心とした狩猟、
 ひとつは、森づくり活動。

自然から多くのものを学びました。
その感動を、少しでも多くの人と分かち合いたいと思っています。
感動が「種」となり、仲間という「芽」となることを願って、
「森のたね」と名付けました。

「森のたね」インタープリター

森のたねインタープリター

代表:チョッキー(井戸 直樹)

 

1976年 大阪府生まれ。

1999年 滋賀県立大学環境科学部環境生態学科卒。研究テーマは「鹿の採食が植生に与える影響」。

2001年 滋賀県立大学大学院環境科学研究科環境動態学専攻卒。研究テーマは「マングローブの耐塩性機構」。

2004年ホールアース自然学校入社。

2009年「森のたね」創設。

2013年ホールアース自然学校退社。現在、非常勤職員。

2013年「森のたね」として独立。

 

2児の父。2004年より、ホールアース自然学校でインタープリター(自然案内人)として、アウトドアや森づくり、

田舎暮らしのプログラムを企画・実施してきた他、社員研修や人材育成の場において講師をつとめてきた。

 

高校時代には山岳部に所属。大学時代にはカヌー部を創設。カヌー(カヤック)は一番ハマったアウトドアであり、

全日本や滋賀県代表として活躍した経歴をもつ。

自然を師と仰ぎ、沢登り、ロッククライミング、マウンテンバイク、ケイビング(洞窟探検)など人力で自然と

向き合うものを好む。

その他、アドベンチャーレースや、フルマラソン、ロゲイニングなどにも参戦している。

前職は、環境リサイクルプラントメーカーに勤務。木質系原料や農業系原料といったバイオマス資源を炭化する、

炭化炉、コンポストプラント、バイオマスガス化発電装置などの環境保全機器、省エネルギー等の企画・開発・設計・販売に携わる。長期出張でベトナムへ赴き、ベトナム人と共に生活したことが、「自然との暮らし」を目指すきっかけとなる。

 

 

■■■ 担当・経験プログラム ■■■ 

洞窟探検プログラム水系プログラム(カヌーキャンプ、満月カヌー、シャワークライミング他)

森づくり&木工クラフト系プログラム企業のCSR活動支援(資源調査、社員研修の企画・実施、環境教育プログラムの企画・実施等)

エコツーリズム推進(地域資源調査、プログラム開発、ガイド養成)

森づくり事業(資源調査、企画、運営、実施)

企業/学校/行政向け森林環境教育(企画・実施)

リゾートホテルとの協働事業(資源調査、企画、運営、実施)


■■■ 得意分野 ■■■

自然ガイド&インタープリター(フィールドは海、山、川、森、里、穴、岩など多様)

狩猟活動(第一種猟銃資格、罠猟資格を所持)

森づくり活動(静岡県森林県民円卓会議委員)

日本洞窟学会会員